Actions

中東の概念

From Baripedia


中東の概念[edit | edit source]

与えられたポイントによってのみ、つまりヨーロッパ的な視点でのみ「中東」が存在する。この概念は、1902年にトーマス・エドワード・ゴードン卿が記事の中で使用したときに登場しました。実際、1842年にはアルフレッド・テイヤー・マハンが初めて「中東」という形で使用しています。ニューヨーク・タイムズの外務部長であるヴァレンティン・チロル氏は、記事を通じてその概念を広めた。いずれも「大勝負」以外は正確に定義していない:中央アジアを英露問題として したがって、「極東」と「近東」の中間地帯は「中東」と理解される。

中東・近東・大西洋[edit | edit source]

第一次世界大戦末期には、当時インドを拠点としていたイギリスにマネーオーダーが配布されていました。第二次世界大戦中、バルカン半島やアフリカなどで行われた戦闘はすべて「中東」と呼ばれ、「近東」という言葉は消滅した。中東研究所」の開発に伴い、アメリカ人が領土に到着したことで、その概念が強化された(そして、この地域への関心が高まることが約束された)。冷戦とともに「大中東」が出現する(西サハラからインド、エチオピアまで)。

この言葉の普及にもかかわらず、ウィンストン・チャーチルは、同じ程度を指定していないこの増殖を悔やんでいる。国連では「西アジア」の話をしています。一方、古い呼称が消えていない:マグレブ、マシュレック、アナトリア、メソポタミア(1921年まで)、肥沃な三日月...

附属書[edit | edit source]

参考文献[edit | edit source]